下町ロケット・第6話【コンパじゃないよ!コンペだよ!?】

下町ロケットの医療編という事で第6話の放送を見たのでその感想をサクうっと述べたいと思います!

今回は出だしから、怪しげな笑顔の椎名(小泉孝太郎)というサヤマ製作所の社長が、佃(阿部寛)に挨拶にきます!

なんの事やら知らない様子の佃に帝国重工の戝前部長(吉川浩晃司)が実は3年前に佃製作所に依頼していたバルブシステムを、

ロケット打ち上げを機に、コンペで量産を決めたいというような話のようだ。

スポンサードリンク

下町ロケット・第6話のあらすじまとめ・・・ガウディ編(医療編)でバルブシステムのライバルが帝国重工からサヤマ製作所へ!

帝国重工とのバルブシステムの特許の争いに勝ち、ロケット打ち上げに成功した、佃航平(阿部寛)率いるバルブシステムの

佃製作所だったのだが、量産も佃製作所で安泰かと思われました。

しかし3年たつと事態は思わぬ方向へ!そうイケメン社長・椎名直之(小泉孝太郎)の登場♥ですネ。

いや~、それにしてもスーツがなんだか似合いますね。



椎名社長はなんでも元NASAの研究員だったとか♥。その椎名社長が率いるのがサヤマ製作所だ。今回佃製作所とバルブシステム

についてコンペで争うことになったようです。

イケメンで超エリートの椎名直之(小泉孝太郎)佃航平(阿部寛)は勝てるのだろうか。

また、バルブシステムの量産の秘策はあるのか!ということです。



そもそも、なぜ、ロケット打ち上げにも成功して3年経つのに今更、帝国重工は『コンペ』というもので、バルブシステムを再び

佃とサヤマ製作所に持ちかけるのでしょうか?

ワタシなりにいろいろ調べて考えた結果ですが、きっと3年という月日が経ち、ロケット事業をさらに飛躍させる為に、現在の佃製作所の

バルブシステムよりも、もっと高品質のバルブシステムを帝国重工が求めているという事ではないのかなーって。



確か、佃製作所の特許を取得したバルブシステムは5600秒という燃焼時間に耐えるバルブのようで、今回は帝国重工がさらに、

5600秒以上のバルブシステムの要求という

事でしょうか。そして、あれから3年という時間で、サヤマ製作所が、5600秒以上の燃焼時間に耐えるバルブシステムを新たに

開発して、さらに佃の特許は侵害しない、

新たなバルブを開発したのではないのかなーって思いましたネ。



そしたら、そりゃあ、帝国重工さんとしては、コンペという形をとるのも不思議ではないですね。

スポンサードリンク

下町ロケット・第6話感想まとめ・・・コンパじゃない、コンペの意味が気になった!

今回の下町ロケット第6話では、バルブシステムの争いや、コアハートという医療分野にまで進出した話も気になりますが。

話に出た用語の『コンペ』が気になったので調べて見ました!というのもワタシが働いている会社では営業さんが度々、明日の休みは

お得意様主催の『ゴルフコンペ』があってさ~という会話が飛び交っているからです。



ワタシはきっとコンペとは、集まり(会合)みたいな意味なのかなーって思っていましたが、今回、下町ロケットでは佃と

サヤマ製作所が争うようなので『コンペ』=(競争)なのではないかと単純に考えました。そして、きちんと調べて見た結果は

コンペはコンペティション(competition)の略語で、競争や競技会という



意味らしいです。

なので会合とは違いますね。あれに近い意味合いは『コンパ』です。コンパはカンパニーの事で、会社や集まりという意味ですね。最近では

コンパは仲間で集まって飲むような意味で良く使われていると思います。



佃航平(阿部寛)VS 椎名直之(小泉孝太郎)の争いから目が離せません。



P.S・・ワタシは最近、仮面ライダードライブに出ていたイケメン立花洋介(竹内涼真)から目が離れません♥(笑)。あと

真野賢作(山崎育三郎)も。。。

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます