下町ロケット8話のネタバレ!【なんだかなー!】佃&財前まさかの敗北の結果に!?原因は?

下町ロケットの第8話見ましたよ~!ネタバレってな感じで、あらすじ、感想をサックっとご紹介しますネ!

阿藤快さんにも今回関係あるらしいのですが一体どんな内容だったのでしょうか?

スポンサードリンク

下町ロケット第8話のネタバレ【なんだかなー!】佃(阿部寛)が財前(吉川晃司)と敗北!情報漏えいが原因!?

下町ロケットの第8話のネタバレになりますが、ワタシが気になった、あらすじはこんな↓感じです!

・ロケットエンジンのバルブシステムのコンペで佃製作所とサヤマ製作所が対決!結果はどうなった?

下町ロケットの『ロケット』編ではロケットバルブを帝国重工に供給し、無事にロケット打ち上げに成功しました。

今回の『ガウデイ計画編』でもあれから、3年たった後の帝国重工との関係が描かれています。第8話では今度は、

ロケットバルブの供給で椎名直之(小泉孝太郎)が社長をする、

サヤマ製作所とコンペで対決します。



結果はというと、サヤマ製作所にバルブシステムのコンペで敗れてしまいます。品質は佃の方が上回っていたのに。。なぜでしょうか?

その原因は帝国重工での財前部長(吉川晃司)が社内の最終会議での時を見れば分かると思います。

そう、『キーデバイスの内製化』ですねー。それは、ロケットの開発、部品について全て帝国重工で行うという藤間社長(杉良太郎)の方針でした。社長って影響力大ですよねー(苦笑。) 🙄 つまり、サヤマ製作所はロケットエンジンのバルブを帝国と共同開発にするという条件を

飲んでいたのですね。



それに対して、佃製作所は、今回もあくまで部品供給にこだわったという事かなー。

品質って大事なのに社長の鶴の一声で変えられるなんて、佃製バルブは実績(ロケット打ち上げ成功)もあるのに。

あなたの勤めている会社でもありません?要するに、社長の意向は最終的に通る(白・しろ)と(笑)。例え、それが黒だとしてもね。。。

それが企業だったりします。そして部下はみんな心の中で叫んでいますよー!

『なんだかなー!』ってさ(笑)。



・佃(阿部寛)のアドリブ【なんだかなー!】ってどんな意味?阿藤快と関係が?

今回の下町ロケット8話では番組の後半にサヤマ製作所とのコンペに敗れて、帝国重工で財前部長とロケットの前で話している時の一言が、

【なんだかなー!】でした!この意味は番組のあらすじ的には、佃(阿部寛)が自分達の手で開発したバルブの特許を手放さずに最後まで

部品供給にこだわった判断は正しいが、無理に部品供給をするいう判断を押し通した為にロケットエンジンのバルブがサヤマ製作所に

負けてしまって悔しい。勝負には勝ったけど、試合に負けた、佃(阿部寛)の気持ちの葛藤が表現されているのだと思います。

スポンサードリンク


一方、Yahooニュースとかで見ると、先日、阿藤快(あとうかい)さんが自宅で急にお亡くなりになったそうで、

下町ロケットでは阿藤さんは第1話で佃製作所と先代から付き合いのある弁護士役として登場したそうですね。

それで、阿部寛さんが、阿藤快さんの急死を残念に思い、阿藤快さんの名言【なんだかなー!】とアドリブでと発してしまったとの

意見もあるようです。

ワタシは実に番組スタッフ、共演者の阿部さんは素晴らしいと思いますね :-

下町ロケットのストーリーに負けないくらい、【いい話】だと思うなー♥熱いです。佃品質!!


下町ロケット第8話の感想まとめ・・・ロケットバルブで敗れても、まだ【ガウディ計画】があるじゃないか!

JK92_hohohiji20150222103753-thumb-815xauto-18352

8話のネタバレでは、佃製作所が、サヤマ製作所にロケットバルブのコンペで敗れたのは非常に残念だったなー。

でもね、まだ、佃(阿部寛)たちには真野賢作(山崎育三郎)さん、一村(今田耕司)達とのガウデイ計画があります!

確かに、株式会社サクラダの社長・桜田(石倉三郎)が資金が底をつきそうという難題は

ありますが、医療分野の参入のきっかけとなりそうな、心臓病の新型人工弁(ガウディ)の開発にはまだ負けてはいません。



佃製作所の若い3人衆、立花洋介(竹内涼真)、加納アキ(朝倉あき)、鈴木健児(堀井新太)のフレッシュで粘り強いメンバーを

開発プロジェクトに選んだのは正解だったと思います。心臓病で苦しんでいる人の為に、人工弁を開発するという熱い思いに燃えている

からかなー。

きっと、ガウディ編で勝ち、勢いに乗って、ロケットバルブでも、形勢逆転したりするのかなーって勝手に考えています。

頑張れ!阿藤快さんが、いつまでも【なんだかなー!】って上からきっと見てますから!

下町ロケットチーム!!

スポンサードリンク




 



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます