柔道の古賀玄暉(げんき)は古賀稔彦の次男で強烈!【炎の体育会】

150912235990_TP_V

柔道の古賀玄暉(こが・げんき)さんが1月16日(土)の炎の体育会TVに出演されます。

なんでも柔道対決で体育会柔道部のクマムシ長谷川さん、バッドボーイズ佐田さん、オテンキGO

芸人だけど柔道3段などを持つ実力者たちと対戦するようですね。

古賀玄暉(こが・げんき)さんってどんな人なんでしょうか?

スポンサードリンク

古賀玄暉(こが・げんき)の父は古賀稔彦!

http://twitter.com/eJudo/status/586831114536235009/photo/1

古賀玄暉さんは何でもあのバルセロナ五輪・71kg級金メダリストの

古賀稔彦(こが・としひこ)の次男です。

古賀玄暉さんプロフィールはこちら↓

古賀玄暉(こが・げんき)

生年月日:1998年12月19日

年齢:17歳

出身:神奈川県

高校:大成高校

身長:168cm

階級:60kg級

段位:柔道初段

※古賀玄暉 wikipediaより

現在はまだ17歳の高校2年生らしく、大人に混じってのテレビ出演となりますね。

大の大人をバッタバッタ投げ飛ばすのでしょうか? 🙄 

スポンサードリンク

古賀玄暉は16歳で2015サラエボ世界カデ柔道選手権大会で優勝!2020年東京オリンピック有力候補!

https://twitter.com/twinews6/status/629340557748383746

古賀玄暉選手は2015年の8月6日に行われた17歳以下が出場する世界カデ選手権大会で男子60kg級優勝しています。

この時若干16歳という年齢でした。

他の経歴はこちら↓

・2014年全日本高校選手権男子60kg優勝(この時はまだ高校一年生)

・2015年名古屋の東アジア選手権男子60kg「銀」

・2015年バンコクのアジアジュニア選手権男子60kg「金」

など素晴らしい経歴を持っています。まだ現在17歳なので当然2020年の東京オリンピックの有力候補をされているようです。

兄・妹も強豪の柔道一家だった!

古賀玄暉選手の兄は颯人(はやと)選手で全国高校選手権73kg優勝、妹のひより選手は全国柔道大会2位の実力者です。

兄・颯人(はやと)は高校3年の18歳、妹・ひよりさんは14歳の中学2年です。

いずれもバルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんの遺伝子をちゃんと引き継いでいると思います。

古賀玄暉選手の今後に期待しましょう!

あと、本日の炎の体育会TVでは、豪快な背負い投げでクマムシ長谷川さんを投げ飛ばしてくれるののかなー。

果たして、体育会柔道部の猛者クマムシ長谷川さん、バッドボーイズ佐田さん、オテンキGOらに最後まで勝ち進むのでしょうか?

非常に楽しみですね  😎 

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます