桝本壮志の恋愛野球論はアメトークでも話題に!広島カープ愛が凄い!

OOK863_kekkonshiki_TP_V

桝本壮志(ますもと・そうし)さんが櫻井有吉のアブナイ夜会に本日1月21日(木)登場します↓

桝本壮志がスピードワゴン小沢・チュート徳井の同居人広島カープ好き?【アブナイ夜会】

この人が書いた「恋愛野球論」という書籍が大変面白そうなのでご紹介したい!

恋愛野球論の著者・桝本壮志はカープファンの間では神!?

スポンサードリンク



チュートリアル徳井さん、スピードワゴン小沢さんとも仲良しの放送作家・桝本壮志さんは広島県生まれの40歳です。

現在は広島には住んでいないようですが、カープ愛に満ち溢れた人で有名です。

広島カープを主に話題とした「広島アスリートマガジン」にはノーギャラで9年間コラムを連載するほど、広島カープに対する熱意、愛情、そして

それを広めたいというカープ愛が素晴らしいです。

赤ヘル軍団のファンの神と言っても良いと思います。

「恋愛野球論」の著者・桝本さんのカープ好きの逸話がこちら↓


桝本壮志さんは日本一の広島カープグッズコレクターでしょうね。自宅には5000点を超えるカープコレクションがある

という事なので凄いです。

また、広島カープの良さを伝える番組「鯉のはなシアター」の支配人でもあります♥

部屋の写真を見ていると2部屋分はカープコレクションの部屋になっているように思います。

スポンサードリンク

恋愛野球論の内容は?やっぱり広島カープ!?

恋愛野球論では「広島ではカープを支えようという気運は日々薄くなっている」「歴史とは風化するものだがカープの為に魂を捧げた

その男たちの史実を語り継ぐ必要がある」

と著者の桝本壮志さんが語っています。

恋愛野球論では、「広島アスリートマガジン」でのコラム「鉄人笠原・江夏のドラマ出演プレイバック」「エンジニアを目指していた石井卓琢朗」

など有名選手のエピソードはもちろん、「選手の広島カープ寮の持ち物一覧」などユニークな話題が掲載されているようです。

また5章では「鯉の先人たちに捧ぐ」とカープのスカウトの神様と呼ばれた木庭敦、ジャーナリスト筑紫哲也、巨人に移籍しても

カープファンから愛された木村拓也選手の今は亡きカープに関わった人を偲んでします。

「恋愛野球論」を読むと広島カープの魅力を再認識したり、ファンでなくともその魅力をもっと知りたくなると思います。

広島カープはプロ野球12球団で唯一市民球団であるという特色があり、だからこそカープは地元の人々に愛されていき、そのイズムが全国に広まって

「カープ女子」なるものが誕生した今日があるのでしょうね。

「恋愛野球論」はスポーツの目の前の試合だけではなくて、球団の歴史も知る事のできる内容といるようです。

放送作家・桝本壮志が書いた恋愛野球論の評判は!?



恋愛野球論を読んだ人々の感想がこちら↓


恋愛野球論を読んでカープだけではなくて、著者桝本壮志にもメロメロな女子がいるようです(笑)。


やはり、この本を読むと広島カープファンであってもなくても、カープを凄く好きになるかもしれません。

「恋愛野球論」と「桝本壮志」はまだまだこれから注目されていくでしょう!

一度読まれて見てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます