塩田宗廣は琴奨菊トレーナー!体幹トレーニングで初優勝秘訣はケトル? 

塩田宗廣は琴奨菊のトレーナー!初優勝の秘訣は体幹トレーニングにあり!

スポンサードリンク


塩田宗廣さんは大相撲で日本人としては10年ぶりに初優勝した琴奨菊関トレーナーです。

去年より取り組んだトレーニングが今回の優勝に繋がったと言われていますが、

塩田宗廣さんとその体幹トレーニングとは具体的にどんなものだったのか調べてみました!

塩田宗廣ってどんな人?職業は自営業!

塩田宗廣(しおた・むねひろ)

愛称:グッドコンディション塩田♡

職業:自営業

生年月日:1977年10月13日

年齢:38歳

身長/体重:176センチ/84kg

出身:兵庫県

血液型:AB型

競技:パワーリフティングの現役選手

※グッドコンディション塩田宗廣公式アメーバブログより

琴奨菊の塩田宗廣トレーナーは職業は体幹トレーナーや、スポーツトレーナーでもなく「自営業」(笑)。プロの選手にコーチできるほどなので、

職業はスポーツトレーナーと名乗っても良いと思うのですが。。。

塩田トレーナーのパワーリフティング選手の経歴は?

塩田宗廣(しおた・むねひろ)さんのスポーツ選手としての経歴はこちら↓

【競技成績】

 パワーリフティング

・2011年全日本パワーリフティング選手権83kg級 9位

・2009年全日本パワーリフティング選手権82.5kg級 10位

・2008年全日本パワーリフティング選手権82.5kg級 11位

・2007年日本代表、アジアパワーリフティング選手権75kg級 アジア5位

・兵庫県パワーリフティング選手権優勝3回

・近畿パワーリフティング選手権優勝1回

 ボウリング

・2006年関西プロアマボウリングトーナメントアマチュア選手権大会出場

最高月間アベレージスコア 211

プロテスト4回受験

 競 輪

競輪学校入学受験4回、一次試験4回合格

役 員

・兵庫県パワーリフティング協会副理事長

・JPA2級公認審判員

・JPF国際2級審判員(近畿で唯一1人)

物凄い経歴ですね。中学時代のあだ名は「もやし」(当時175kg、54kg)だったので、筋肉を鍛えないと思い、パワーリフティングを始めて、

現在も専門はパワーリフティングのようですね。その他には、21歳の頃にはボウリングにも興味をもち、大会にも出場。

28歳の時に競輪にも興味があって競輪学校の試験を4回も受験しています。

パワーリフティングの現役の選手でもあり、目標は40歳で【世界マスターズパワーリフティング選手権】で優勝することだとか。

本当にパワフルな人物なんだなーって感じました!今のニックネームが「グッドコンディション塩田」ですから(笑)。

スポンサードリンク

塩田宗廣は琴奨菊に課した体幹トレーニングとは?ケトルって何?



2015年7月より本格的に体全体を使った体幹トレーニングを琴奨菊に課しました。

内容はこちら↓

①重りをつけたタイヤ押し②15kgのプレート回し③27kgのダンベル持ち上げ、27kgケトルベル上げ

塩田宗廣トレーナーによれば、この体幹トレーニングは「全身で」力を出すことや「反動」を使って力を出すことを考えて作ったトレーニングメニューで、

その結果として体幹が鍛えられて取組では下半身に粘りが出たとの話です。

体幹トレーニングの画像がこちら↓


本当に体全体を使っていますね 😉 !

ちなみにケトルベルというダンベルがこちらになります↓


はじめて耳にしました「ケトルベル」!珍しい形はしていますが、これで手首だけではなく、

腕や体全体を鍛えるトレーニングのダンベルとして有効のようですね 😯 !

塩田宗廣はトレーナーとしてだけじゃなく資格も多彩!

塩田宗廣さんはスポーツ以外に、日本アロマ協会1級合格という事でアロマ関係の資格も持っています。

アロマとスポーツって関係のない気がしますが、今後はスポーツトレーナーとば別に心理カウンセラーは

メンタルトレーナーなどの職業にも興味がるのでしょうか(・_・;)。

塩田さんは現在はアロマと関係して、グッドコンディションというスポーツオイル、スポーツサプリメントを販売するサイトも運営しているようで、

いろいろな分野で働いていらっしゃるようですね。

MS251_imayaraduituyaru_TP_V

塩田トレーナーはコーチ(指導者)としては、スポーツ界全体が「運動、栄養、休養」の3大原則の正しい知識を広めて、特にウオーミングアップ

は自身の経験を生かして色々なアスリートの方に働きかけてスポーツ界全体を底上げしたいとおっしゃっています。

彼の口癖「今日はイってもうていい?」の通りにイケイケどんどんでスポーツ界を盛り上げていって欲しいです!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます