【土屋太鳳】が朝ドラ・まれで頭を下げた!隣の女の子が逃げた!その理由とは?

NHK連続朝のテレビ小説【まれ】の【逆転一発パンケーキ】編の第55話の放送を録画していたのでみた~♥



前回の放送でなんと能登で同級生のみのり(門脇麦)ちゃんが希(土屋太鳳)弟・一徹(葉山奨之)との結婚を真剣に考えているところや、



希の父・徹(大泉洋)と母・藍子(常盤貴子)が徹の夢を叶える為に覚悟を決め離婚したよネ。それに刺激を受けたのか、希も



再び横浜の店【マ・シェリ・シュ・シュ】に戻り、もう一度試験を受けさせて貰う覚悟を決めたのだ!



今回は能登から再び横浜に戻るという展開なのだ!!

スポンサードリンク


シェフ(小日向文世演じる池畑大悟のこと)!能登で覚悟を決めました!もいっぺんテストしてください!



第55話では冒頭からワタシは心を奪われた!(笑)。なんと希(土屋太鳳)ちゃんが深々と【能登で覚悟決めました。もいっぺんテストしてください】と



深々と頭を下げた。ここまでは良かったのだが、なぜか隣で見ていた女の子が、逃げ出してしまう。その理由とは?。。。。



女の子に、なんかしでかした?とか思ったのだが、真相は、なんと希ちゃんが頭を下げた相手は銅像(女の子だと思われる)だったの!(笑)。



そりゃあ、女の子も、きっと【なにあのお姉ちゃん、人間ではない銅像としゃべっている!・・ヤバい】とでも思って逃げたという設定だろう(笑)。



いや~、シェフにまず頭を下げる練習も前もって行うとは、要するに【予行練習】というやつだ!さすが、希ちゃんの真骨頂、【地道にコツコツ】という事だろうネ♥。



ここで、ふとした疑問が、あの希ちゃんが頭を下げた銅像は一体なんていう名前なんだろう。気になってネットで調べてみたよ~!

スポンサードリンク


希が頭を下げた【赤い靴の女の子】とは何??



なんでも、山下公園の中央のロケーションに位置して、海を見つめる絶好の場所に設置されているようだ!そして、『赤い靴を愛する市民の会』という運動で



1979年より立てられたブロンズ像らしいですよ!ワタシが生まれる前からあるなんて、横浜では超有名な銅像でしょう! 
横浜港に面して、カップル達の行きかう場所になっていて、待ち合わせとかにも使われているのかなぁ?。
今回の放送では15分間ずぅ~とその赤い銅像が気になっていたので、調べてスッキリしたぁ。皆さんも朝ドラ・まれの放送中に気になったことは
は早めに調べたら、放送をもっと楽しめるかもしれませんよ!
例えば、ルセッタ(レシピ)とかメレンゲとか!。。どんどん調べて、朝ドラ・まれを100%楽しんでいきましょうね!!
 
スポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする