アマゾン(Amazon)送料無料から有料へ!いつから?いくら?

アマゾン(Amazon)送料無料から有料へ!いつから?いくら?


(画像はTwitterより出典)

アマゾンといえば、Amazonとすぐイメージできるだろう。ネット通販では楽天などと同じく日本でも利用者は多いだろう。

私もアマゾン(Amazon)でよく、ベビー用品や娘のおもちゃ、洋服、DVDまで毎月1度はお世話になっている通販会社です。

そんな大手のアマゾン(Amazon)さんが送料無料が有料になるという話がYahooニュースで話題となっている。

【その他の配送料の記事はこちら↓】

楽天の配送料がお得?アマゾン(Amazon)送料・配送料が有料に!

一体いつから?いくら?など気になる点をまとめてみたので紹介します!

スポンサードリンク

アマゾン(Amazon)送料無料から有料へ!いつから?

アマゾン(Amazon)の送料無料とはネットでアマゾンを通して商品を購入した場合には配送手数料が無料のサービスの事です。

このアマゾンさんの配送無料サービスがもうなくなってしまいます。

いつから?↓

2016年4月6日からです!

ちなみにアマゾン(Amazon)さんの画面を開くとこうなっています↓


(画像はTwitterより出典)

もう本日(4月6日)より送料無料のサービスが有料となっているということです。

今まではアマゾン(Amazon)より発送される条件があれば送料が無料ということでした。

しかし年々かかる配送コストを相殺できなくなったのか、2000円未満の商品購入の場合では配送料の送料が有料化ということです。

アマゾン(Amazon)送料無料から有料に!いくら?値段は?

2000円未満の商品購入についてアマゾン(Amazon)ではアマゾンでは送料が350円かかることになります↓

Photo published for 【悲報】 Amazon、全商品送料無料が終了 2000円以下は送料350円に : ゴールデンタイムズ
なので1999円の商品をアマゾン(Amazon)で通販する場合には350円かかります。

なので商品代金に対しての割合は↓

1999円だと→17.5%(350円の配送手数料)

1500円だと→23.3%(350円の配送手数料)

1000円だと→35%(350円の配送手数料)

という事になってきます。

これは消費税の8%よりでかいです。

アマゾン(Amazon)送料無料から有料に!当日配送は要注意!

Yahooニュースでは当日配送手数料については記載がなかったが、当日配送料は2000円未満だと

514円(税込)となっているので特に注意が必要です。

今までアマゾン(Amazon)の利便性が当日配送あり、手数料無料(配送料なし)という事がなくなっていますのです。

アマゾン(Amazon)の顧客である私にとっては非常事態です。

スポンサードリンク

アマゾン(Amazon)送料無料から有料へ!その狙いとは?

MS251_imayaraduituyaru_TP_V

Yahooニュースなどによれば、アマゾン(Amazon)側は顧客のいろんなニーズに答えるためとの回答がありました。

配送オプション(有料か無料か)を各社アマゾン(Amazon)で商品を売る側に選択させて差別化させて、ユーザビリティの向上につなげるということ

だろうか?

また配送コストを各商品メーカーに実質負担させる狙いか?通販大手のアマゾン(Amazon)を利用している売り手は見過ごさなければいけない事情があり

すでに配送料無料キャンペーンと銘打って他者商品メーカーと差別化する動きまであります。

今後は実質配送手数料が無料のサービスを選ぶ顧客が増えていき、メーカーの負担増になる可能性が高い。

また今回アマゾン(Amazon)が配送料有料を開始した目的には自社のファンの獲得にあるようです。

自社のファン=アマゾンプライム会員(年間3900円)の獲得ということです。

アマゾン(Amazon)プライム会員ならお急ぎの時や、通常の配送料が無料、定期配送などのサービスが充実しているからです。

実際アメリカのアマゾンでは同じく配送料有料にすることで、1.5倍にプライム会員が増えたようです。

まとめ

SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

・通販大手アマゾン(Amazon)が配送料(送料)を無料→有料(350円)へ4月6日より変更

・通販大手アマゾン(Amazon)の配送料有料化は商品メーカーにとっては大きな負担増になる可能性か高い

・今後は2000円未満の商品については配送料無料キャンペーンなど各社競争が激しくなりそう

私としては、毎月1度はアマゾン(Amazon)の利用があるのでアマゾンプライムを検討しなければならないでしょう。

これに負けじと楽天が配送料無料を唄えばありがたいのですが?通販大手アマゾン(Amazon)の配送料有料に対抗してくる通販会社が今後

現れるのか?これもネット通販ユーザーにとっては楽しみになりますね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

コメント

  1. […] アマゾン(Amazon)送料無料から有料へ!いつから?いくら? | ドラマ感想モンスター […]