まれ・第62話目の感想!南(中村ゆりか)は右脳派?左脳派?

NHK朝の連続テレビ小説【まれ】の泥沼恋愛チョコレートの第62話目が放送され



ちゃいましたね♥



希(土屋太鳳)ちゃんは修行中の店【マ・シェリ・シュ・シュ】のシェフ天才パティシエ池畑大悟(小日向文世)



から新たな課題(色恋沙汰をバレンタインまでに起こせ)を出されて、焦ります。



そして、なぜか、中華料理店のシェフ珍さんに合コンをお願いしてしまうことに。



合コン当日(6月9日放送回)にやってきたのは陶子(柊子)が19歳とサバを読むほどのイケメンぞろいだったのだが、希(土屋太鳳)



は空回りして、合コンに失敗してしまう!

スポンサードリンク

一方、大悟の娘・南(中村ゆりか)ちゃんは、合コンには参加するも、帰ってから、中華料理店・天中殺で希との合コンの反省会?の時に



実はほかに好きな人がいるとまれ告白!その目がキラキラして、濡れていてなんだか、たまりませんね♥



希にそのひとの為に一緒にバレンタインチョコを作ってくれとお願いをして、希は快く快諾してしまう!そこで高志(渡辺大知)と大悟の



息子・大輔(柳楽優弥)が登場するのだ!



そこでの南(中村ゆりか)ちゃんの赤ら顔が、もう超超可愛いよ~♥♥。明らかに高志と大輔のどちらかに恋してますって感じだね!



高志といえば能登で希の仲良し6人組の一人で、まれにしか声を発しない不思議な人物だ!大輔は自由人で一年の半年だけ働いて



後は自由気ままに暮らすタイプだ!大輔は希が初キッスを無理やり奪われた、お相手だ(笑)。


南ちゃん(中村ゆりか)は右脳派?左脳派?

スポンサードリンク

南ちゃんは右脳派だと思う!なぜなら、自由人の大輔や、無口過ぎて訳がわからない高志のどちらかを好きになるとしても



理性であのタイプを好きになるとは思わないさね(笑)。高志なんて通訳は能登のみのりちゃん(門脇麦)だもんね。



ワタシ自身もし、南ちゃんのようなハーフっぽい美女から、うるうるした目で見つめられて告白されたら一気に右脳で



判断して告白を即答で受け入れるでしょうね(笑)。



一方で、希は左脳派かな。好きなタイプは公務員と合コンでも公言するくらいやしね。でもね、きっとこれから、自由人



大輔によって一気に理性を消し飛ばされて、右脳で恋をしていっちゃうんだろうなって予想するよ!




まとめ感想・・・恋愛について、南(中村ゆりか)ちゃんは右脳派、希は左脳派!だと思った!



しかし今週の【泥沼恋愛チョコレート】というのがテーマなんで、南ちゃんと希の、真逆の



恋愛脳を持った2人がなんか、対決しそうなんで、楽しみだ。



またこれから南ちゃんの恋愛模様も要チェックしていきたな。結局南ちゃんが付き合うのは、合コンで知り合ったイケメン大学生



か?マシェリシュシュの浅井(ドランク鈴木拓)か?とかいろいろ想像すると楽しめそうだ!

スポンサードリンク















この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする