熊本地震避難所でノロウィルスが発症!その場所と感染者数は?

熊本地震避難所でノロウィルスが発症!その場所と感染者数は?

スポンサードリンク


さきほどYahooニュースでノロウィルスが熊本地震の避難所で発生したとのこと

その場所や?感染者数を気になったので調べて見ると

ノロウィルスが避難所で?熊本地震とダブルパンチ!場所は?


(画像はTwitterより出典)


(画像はTwitterより出典)

熊本市によると、避難所の二か所でノロウィルスが発症したとありました。その場所はというと

千原台高校(熊本区西区)で男性1名、

熊本市立楠中学校(くすのき・ちゅうがっこう)(熊本市北区)男女2名

の合計3名がおう吐や下痢の症状がでて、そのうち、2人からノロウイルスが検出されたらしいです。

スポンサードリンク

ノロウィルスの感染拡大は?



熊本市によると、感染が確認されてから、同避難所の、千原台高校(熊本区西区)や熊本市立楠中学校では他に体調不良者はでておらず、

単発の発生で、拡大の可能性はひくいとのこと。

ですので、熊本地震の各避難者は、騒がずに、感染しないように手洗いやマスクの着用をなすべく進めてくださいね(^_^;)

避難所での感染は防げるの?

SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

そもそも避難所の生活での第一の物資の援助は「水」「お米」などの食料が先らしい。自衛隊の物資支援の今回のニュースでも

それを優先にしているらしい。

ところが、ノロや、インフルエンザの感染症を防ぐとなると、オムツや、石鹸、簡易トイレ、ノロ対策用の消毒液、

マスクなども緊急に必要となります。

しかし、どうしても食料や、避難場所の確保などが優先されると思うので、いったん避難場所の確保、食料供給が落ち着いたら

政府や自衛隊には、感染症拡大にも気を使ってほしいものですね(^_^;)。

自身の二次被害はいろいろあるが、今回のニュースでは二次被害がまさか、感染症というのは避難者自身もまず頭になかったことでしょう

今後の対策が注目されますね。

熊本地震で熊本や大分の皆様は、各自できるだけ、避難所での生活にもお互いで注意しあって協力できるようにできることを願っています!

インフルエンザは特に今年は年末だけではなくて、4月~5月も感染は継続するとの情報がありましたし、ノロウィルスもインフルと

同じように冬だけではなくて、

春先の感染にも今年は注意したいものです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする