カタカナ語の意味は?赤ちゃんグッズの横文字化でママ達困惑?

カタカナ語の意味は?赤ちゃんグッズの横文字化でママ達困惑?

スポンサードリンク


今、きくまきさんという方のツイートで「赤ちゃん産んで一番驚いたこと。いつから横文字になったの?」という

赤ちゃんグッズの横文字化における困惑の投稿が話題となっています。


皆さんはこれから御紹介する赤ちゃんグッズの意味いくつあてられますか?

今さら聞けないママたちの赤ちゃんグッズ横文字って?

・ベビーキャリアスリング(ベビーキャリア)

・バウンサー

・スタイ、ビブ

・バンボ

・ベビーカー

確かに横文字多いですね(^_^;)

いくつわかりましたか?

【ベビーキャリアスイング(ベビーキャリア)】

抱っこひものことです。日本では、抱っこひもという言い方をする人がまだ沢山いるのではないでしょうか?

いろんな種類の抱っこひもがありますもんね。後ろ抱きや、前抱き、ヒモの素材もいろいろ。

【バウンサー】

ゆりかごの意味ですね。ゆらゆら揺れるイメージが想像できますか?

バウンサーの直接の訳はとびはねるものということ。乳児が揺れるとそれに合わせて勝手に揺れるのがバウンサー。

【スタイ】

よだれかけのことです。

スタイ(sty)の和訳はなんと【ものもらい】なんですね!外国の方にスタイと言ったら確実に心配されるか、

遠ざかるでしょうね(笑)。

もともとは日本でスタイ=乳幼児用のよだれか、という和製カタカナ語だそうです。

別名はベビースタイでしょうか。

【ビブ】

英語でbibでよだれかけのことだそうです。

これは英語の意味と合致しますね。でも私の周りではスタイという言葉がよく使われているような気がします

【バンボ】

子供用のイスの商品名です。

首の座った乳児のころから、腰かけて食事をする時に使用できて便利のようです。

私の娘はちなみによく動くので使えませんでした(笑)。

【ベビーカー】

よくチャイルドシートと混同してしまいます。

ベビーカーは赤ちゃんから乳幼児までの専用の乳母車のことです。

手押しで押して使用する乳児用の車のことです。

最近は日よけつきや、荷物かけ付きのものまでいろんな種類のベビーカーがあります。

ちなみにチャイルシートは、車につける赤ちゃん専用の座椅子(座席)のことですね。

スポンサードリンク

今さら聞けないカタカナ語は?

ある番組の調査結果では、何となくで使用している、今さら聞けないカタカナ語を調査していました!

赤ちゃんグッズ意外にも、なんとなく聞き流しているカタカナ語多いですよね(^_^;)

・コンプライス

法令順守という意味。企業でよく使用されます。何かというとわが社のコンプライアンスに関わる問題だとか。

・スキーム

計画、案、図式というところ。

・コンセンサス

意見の一致合意という意味

・ガバナンス

統合、統制すること。

ガバナンス能力を発揮して欲しいとかってニュースで使用されたりします

・アジェンダ

議題、予定表、計画票

今日の会議のアジェンダはこれです!みたいに会議で使用されるようです

この中で正確な意味が分からないカタカナ語として

一位:コンプライアンス

二位:コンセンサス

三位:アジェンダ

だったそうです。

私は、正直コンプライアンス以外は意味は知りませんでした(^_^;)(笑)。

このカタカナ語を使っての使用例がこちら↓

「コンプライアンスを確立していくには、ガバナンスが問われます。これが今回のアジェンダです。しっかりスキームを構築しないと、

コンセンサスを得られません」

だそうです。

ハイ!上の意味を再度見直してから、また使用例に戻ると分かり易いです。

直訳すると↓

法令順守を確立していく為には、統制力が問われます。これが今回の議題です。しっかり計画を構築しないと意見の一致は得られません。」

よく意味のカタカナ語に出会ってしまった時は、その場できちんと分からないと言える勇気が必要だと思います。

それが、サラリーマンの現場ではコミュニケーションのひとつにもなるかもしれません。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます