発見までの経緯とは?【しつけ置き去り7歳児行方不明北海道事件】

発見までの経緯とは?【しつけ置き去り7歳児行方不明北海道事件】

スポンサードリンク


北海道行方不明事件の最新情報が入ってきました!本当に良かったです!本日6月3日の早朝7歳のしつけで置き去りにされてしまった

北海道の小学2年生の男児が無事保護されたとのことです。

実に行方不明から7日間経過して中での発見でしたね。

この事件をあまり知らない方もいると思うので、発見までの経過(経緯)をまとめてみましたのでご紹介しますね!

5分で行方不明?しつけ置き去りから発展した事件

N112_kanashiinamida_TP_V

まずは5月28日当時の様子から経過をまとめていきます。

・5月28日午後(お昼)12時30分ころ田野岡大和君(7歳)が両親、姉と4人で北海道の自宅を出発します

・同日鹿部町にある公園で川遊びを親子で楽しむ

・同日川遊びの帰り道、午後5時ころに、両親が息子の田野岡大和君(7歳)を車から降ろす

・車から降ろして5分後に戻ってきたが父親が戻ると姿がなく30分ほど家族で周辺を探して回る

・午後5時50分頃に両親が消防と警察に通報

・午後7時ごろ警察官が現場到着

・午後7時40分頃~捜索開始

・午後8時15分頃、警察が【山菜取りで行方不明】と発表

以上、5月28日の当時の状況はこのようになっています。

小学2年生の男児田野岡大和君が家族と川遊びの帰りに山菜取りに行った帰りに途中で行方不明になって捜索が開始されたのでした。

日付は変わって5月29日の経過は以下の通りです↓

・29日午前7時より180人態勢で捜索開始再開

・29日同日午後3時45分に警察が【しつけで置き去り】と発表

・30日~31日も引き続き捜索継続

・6月1日~は陸上自衛隊も加わって200人体制で6月2日まで捜索

・6月3日の午前7時50分鹿部町の陸上自衛隊駒ヶ岳演習場で田野岡大和君と思われる男児を無事保護



この事件がこれほどまでに、世間に連日報道されたのは、行方不明になったきっかけが最初は両親が山菜取りの途中でと警察に話していたのに、

行方不明から1日半経過して、【しつけで置き去り】にした事がきっかけだったとの真相を警察に告白して、証言に嘘が発覚したからですね。

世間からは、「山の中で暗い夕方から、しつけでも、置き去りにするのは問題」だとか、「父親がテレビで証言しているのが冷静過ぎる」と、

特にネットでは、いろんな噂や推測が多数投稿されていました。

きっと、この行方不明事件には何かもっと真実が隠されているのではないかと・・・。

スポンサードリンク

7歳の生命力の凄さと冷静さに圧巻!

しかし、北海道行方不明事件の最新情報より、蓋を開けてみると事件の真相はこのようでした!

・5月28日夕方、田野岡大和君(7歳)が車から、しつけのために山の中に置き去りに

すぐさま田野岡大和君(7歳)君は道なりに約7キロ歩いて、鹿部町の陸上自衛隊駒ヶ岳演習場まで5月28日夜遅くには到着

たまたま、鍵の開いていた建物の部屋に入り、マットレスで寒さを凌ぎながら、水だけで7日間待ち続けた

・6月3日の7時50分頃、陸上自衛隊の隊員が部屋をチェックした際に田野岡大和君(7歳)が部屋に居て偶然にも保護された

MS251_imayaraduituyaru_TP_V

・鹿部町の陸上自衛隊駒ヶ岳演習場まで置き去りにされた現場はちょうど道が舗装されていて比較的に歩きやすかったということ

・陸上自衛隊駒ヶ岳演習場に偶然にも入れて、水とマットレスが揃っていた

というのが奇跡的に重なって、田野岡大和君は体力もそんなにも消耗することなくいれて、本日発見されて保護されたということですね。

山の周辺にはクマもいて、大変危険な地域だと私も心配しましたが、田野岡大和君のとっさの判断力と偶然が重なり今回は無事で済みましたね

なぜ置き去りにされた現場に待たなかったのか?



実は、置き去りにされた現場に最初から待っておけば、田野岡大和君はすぐさま両親に無事に車に乗せらて問題なかったはず。

しかし、5分待たずに、山の中へ歩いて行った。

その理由も今後明らになっていくのでしょうが。

実は、田野岡大和君は2度置き去りにされたとの報道があります。1度置き去りにして、反省していなかったので、2度目の置き去りが

今回の行方不明の現場になったとのこと。

なので、7歳の男児なりに両親はもう2回も置いてけぼりにされたので本気で戻ってこないつもりだと勝手に悟ってしまったかもしれませんね(^_^;)

それで自分でなんとかしようととりあえず、現場から離れたのかもしれません。

今回の事件は無事に済みましたが、世間では、親がしつけと称して子供が亡くなる事件が後を絶ちません。

同じ親を持つ人たちはこの事件を機会に、しつけの意味は?度が過ぎたしつけが虐待や事件につながるのだということを肝に銘じて置く必要があります。

ちなみに、最近は昔みたいに、むやみにしつけと称してベランダに子供を出すことも危険です(転落の事件が後を絶たない為)。

本当に本当に今回の事件では、親の言動より先にまず子供が無事に助かってよかったです。

後の真相はそこからゆっくり解明されたら良いかなと思います。

以上、北海道7歳男児「しつけで置き去り」の行方不明事件のこれまでの経過(経緯)を紹介しました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます