NHK現役女子アナの年収と愛人クラブ関係ある?職業選択や趣向は気にならない?

スポンサードリンク


週刊文春と新潮さんの記事により、NHK現役女子アナの愛人マッチングサービス、愛人クラブなるものとの関係の記事やNHK現役女子アナが誰か?という

話題が良く検索されているようです。

その中で、NHK正社員とNHK契約社員との給料格差や、待遇と愛人クラブ登録の関係性を載せた記事がネットに掲載されるようになりました。

果たして、NHK現役女子アナの年収と愛人クラブは関係あるのか?職業選択と趣向が問題なのでは?という事について紹介していきます。

NHK現役女子アナの年収と愛人クラブは関係あるのか?

pose_50_mika

愛人クラブ(愛人マッチングサービス)に登録していた理由のひとつとして、某地方局の女子アナがNHK職員の契約社員のキャスターであったこと。

給料が年収400万程度だとか、時給1,000円程度だった。NHKの正社員の給料が平均年収1千万以上に対して契約社員の給料は安すぎる。

その女子アナが愛人クラブに登録した理由を給料の低さということを語っている記事がいろいろある事に疑問を感じました。

その女子アナの方は最高級ランクらしいので、きっと高級クラブとかでのアルバイトもできたと考えられます。

当然、そうした場合にはすぐ様、番組のキャスターなら顔バレする可能性は高くなりますが(^_^;)

果たして、給料の低さだけが、今回のNHK現役女子アナと愛人クラブ(愛人マッチングサービス)と結びつけるのは良い事でしょうか?

世の中にはダブルワークをされている方は沢山います。

確かに今回のクラブのイメージとNHKの看板は合わないでしょう。しかし、お堅い職業の人ほど精神的ストレスは高いと

思います。

例えば、警察官や、教員、先生、医者、僧侶など。

その方々の不祥事は毎年多く発生しています。

給料が安いのを承知で現在の職業やポストを選んだんだろうし、あくまで職業は自分の選択だと感じています。

給料の安さより、なぜ愛人クラブでなきゃいけなかったのか?という点が気になりませんか?

他にも収入源はあったと考えられます。

例えば、短時間で高給を稼ぎたいならアダルト系のお仕事で顔出ししないものだって沢山存在するはずです。

ネット社会なので特に顔出しせずに副業として稼ぐ方法は女性でまだ若い方なら特にあったと考えられます

スポンサードリンク

現役女子アナというブランドとNHKの体質は関係ないのか?

最近もフライデーという週刊誌で、現役の男性NHKの正社員のアナウンサーと契約社員の女子アナとの不倫が話題となりました。

なんだか、その問題と今回の愛人クラブの登録の件って関係ないようにみえて実は関係している気もします。

ネットの元NHK職員の人の記事によれば、NHKという会社では「不倫」をしないようにという通達が内部で社員同士になく、

もともと、不倫が常識のような組織であったと暴露しています。

不倫スクープや愛人クラブの登録の問題など、性に関しての道徳観がもともと組織の体質になく、地方の契約アナと

正社員の不倫が当たり前だとすれば、今回の愛人クラブに登録した女子アナはまだ、ましな方だと考えられないだろうか?

もともと、NHKという組織に不倫というのが文化(>_<)になっていて、体で地方から本社(東京や大阪など)にのし上がっていく

契約の女子アナを黙認してきたという風潮がなかったのだろうか?



また、愛人クラブで最高級ランクに格付けされた事、相手が高額年収のそれなりに高い地位にいる人と繋がりを持てる可能性があること

など、高い地位にある人たちから認められたいという欲求はなかったのだろうか?

自分は人より高い容姿にも関わらず、契約社員の立場で組織でもキャスターという実力より、若い綺麗な女の子としての評価しか

会社で受けていない場合にこういったケースに走ることは考えられないでしょうか?

「自己愛性パーソナリティー障害」

自分は優れていて、素晴らしく特別な存在でなければダメだと思い込むパーソナリティー障害のひとつらしい。

当の本人が、それに似た自己陶酔型の感情や、ストレスのはけぐちがなく、今回の愛人クラブ登録に走らせてしまった可能性はないのだろうかと

思ってしまいます。

また、フライデーの車中不倫や、週刊文春、新潮の愛人マッチングサービス(高級愛人クラブ)の話題の後に、NHKがそのアナウンサー

達の写真やプロフィールを即座にネット上で見れなくして、番組を速やかに降板させ、番組内で降板やプロフィール削除の

理由を説明しない事が、この組織になにか問題があるのではと感じる人が多くいるのではないでしょうか?

特に年配の方ほどNHKの視聴者は多いと思います。

急に毎日大好きで見ていた番組のキャスターが交代されると返って視聴者の不信感が募る気がします。

その点では、他社の局、フジテレビや日テレなどの対応の方がまだ良いようにみえますね。

不倫とか高級愛人クラブに登録した事より、会社としての対応に疑問に感じる人が多いでしょう。

また、NHKは2015年には、籾井会長が受信料の徴収に、マイナンバーを活用できないかという事に対して検討に入っているという報道も目にしました。

なんだか、唯一、クリーンなイメージがあったNHKという組織は何処にいったのでしょうか?

個人情報を受信料の徴収と結びつければ、徴収率はあがるでしょう。でもその情報が職員により万一、他で売買される可能性はないのでしょうか?

もし万が一、この組織に契約社員や社員をコマのように扱い、性に対してのモラルが組織として欠けていたりするならば、こんなにも

良い番組を作れる会社なのにもったいない、残念な気持ちに多くの視聴者はならないでしょうか?

以上、NHK現役女子アナの年収と愛人クラブとの関係についての疑問を記事にして紹介してみました。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます