能年玲奈が改名【のん】に!なぜ?その理由とは?【ホットロード】

スポンサードリンク


能年玲奈さんが【のん】という芸名に7月に入り改名しましたよね。

本日金曜ロードショーで2014年に能年玲奈として出演した「ホットロード」が

放送されています。

そこで能年玲奈さんが【のん】に改名したのはなぜ?理由につい調べたので

紹介していきますね!

能年玲奈(のうねんれな)は所属事務所との契約を更新していなかった!

実は、能年玲奈さんは、2016年6月の所属事務所レプロとの更新日までに出演した

ドラマや映画の出演といえば最近では

・2013年4月1日~9月28日「あまちゃん」天野アキ役(NHK朝ドラ)

・2014年8月16日「ホットロード」宮市和希役(映画)

・2014年12月27日「海月姫(くらげひめ)」倉下月海役(映画)

・2014年4月5日「世にも奇妙な物語」朝比奈薫役(ドラマ)

CMでは

・「カルピスウォーター」飲料(2012年~2015年3月)

・「コーセー、コスメレポート」化粧品(2014年6月~2015年9月)

・「キャノンミラーレス」カメラ(2014年1月~2016年3月)

・「かんぽ生命」保険(2014年2月~2016年1月)

能年玲奈さんといえば、2013年にじぇじぇじぇが流行語大賞ともなった

大ヒット朝ドラあまちゃんの主演から人気に火がついて、その年の紅白歌合戦にも

アメ横女学園のアイドルとして歌声を披露して東北地方を元気にしましたね♡

N112_kanashiinamida_TP_V

ただ、あまちゃん以降は映画やCMには出演するものの、2015年以降は映画やドラマ出演

がなく、CMの露出が中心となり、あまちゃんイメージを崩せてないからなのではと当初は

イメージが原因でオファーがないとファンは思っていたかもしれません。

人見知りの性格が原因?障害の噂も?

能年玲奈さんは2006年より二コラモデルとして活動したのが最初ですが、

・性格は基本は本人が見知りであること

・特技絵を描くこと

・趣味アニメを見ること

そのような人柄と独特のしゃべり方や動きなどから、ネットでは障害、発達障害?

などという噂がちらほらと見られるようになっていました。

それに加えて、本番に強いものの演技の練習中には生ゴミね!

と演技指導の先生から言われたというエピソードもあります。



またこの演技指導の先生からの洗脳されているので、変わってしまった、所属事務所の

レプロとの関係が徐々に悪くなってしまったようにも考えられました。

そして2016年1月に大事件が発生!!

スポンサードリンク

【のん】に改名理由のなぜ?真相とは?

2016年の1月に能年玲奈さんは、所属事務所の許可なしに、

個人事務所の設立をしてしまいます。

それを裏で操っていたのがこの演技指導の先生だともいうことも

ネットではざわつく原因ともなりました。

そしてそれが、発端でレプロとの関係が修復不可能になり、

6月の更新に応じないということに。

いわゆる、芸能事務所のタブーともいえる行為になってしまったということですね。

LIG_h_agenthoukou_TP_V

これは業界内ではあってはならないことだと思います。独立するのは良いですが、きちんと事務所との関係を上手に清算しないと

独立というのは難しいと思います。

最近では女子アナがセントフォースという事務所に移籍して成功するパターンは

多くみられますが、独立して個人事務所をもって成功した芸能人といえば

少ないでしょう。



とくに女優やアイドルは個人で独立すると仕事が激減して2~3年でテレビ画面

から自然消滅するパターンがほどんど。

・レプロとの関係が悪化

・無断で個人事務所設立

・レプロトの6月更新契約せず

そのような流れから所属事務所レプロをやめることなってしまい、今後の

レプロとの関係をこれ以上悪化させないために

・2016年7月から【のん】という芸名に変更した

と考えられます。

心機一転、気持ちをいれかえるためにも、能年玲奈のイメージを変えるためにも

【のん】という芸名に改名したと思います。

今後は、まずは雑誌を中心にして、徐々にメディアの露出も増えていくと

良いですね。

偶然か今夜7月15日の金曜ロードショー【ホットロード】の画面で、

出演者の名前にのんという名前が出たので改名したことを知ってもらう

絶好の機会となったことでしょう。

今後は、少し変わった性格がバラエティー受けしたり

して案外バラエティーでも活躍するかもしれませんね。

以上、能年玲奈さんの改名理由について紹介しました。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました(*^_^*

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます