リガメントとは?ほうれい線の原因や30代でも消す方法とは?【サタデープラス】

スポンサードリンク


大久保佳代子さんが「サタデープラス」という番組で、あなたも気になる、女性のお悩みについて紹介するそうです。

キーワードは

・ほうれい線

・リガメント

だということ。

そして、りほうれい線の原因や30代でも消す事ができる方法について調べてみました!

リガメントとは?意味は?リフトアップなのか?


(画像はツイッターより出典)

「リガメント」とは

・顔のなかでは、表情筋・皮膚・脂肪が結合している場所

を意味するんだとか。

美容法でいうリガメントとはどうやら

「リガメントリフトアップ法」という手術のことで

医師の高い技術が必要になるんだとか。

リガメント法の手術を私なりに説明すると↓

・リガメントの結合部分を外して(皮膚を切って)リフトアップ効果につなげる

という感じでしょうか。

もし、仮にそうなら10月1日のサタデープラスでは大久保佳代子さん美容整形するのでしょうか?

そうなれば、「大久保佳代子、整形、リガメント」ってネットがざわつくかもしれません^_^;

ほうれい線の原因って?その理由とは?

https://twitter.com/nanao_best/status/778225408579817472

女性や最近では男性もほうれい線ができると、なんだかまだ30代でも老けて疲れている印象になりますよね。

私も30歳に入りお悩み中(>_<)

さて、「ほうれい線の原因」はなにか?ということです。

・ストレス

・乱れた食生活

・睡眠不足

・顔のお肌の乾燥や年の経過によっておこる、たるみ

だという事です。

SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

ほうれい線は、年齢を重ねるとともに(加齢)水分量が減って、お肌のうるおいが減少して

ハリの低下につながるというのですね。

結果として、頬の筋肉不足でたるみによって下に脂肪が下がる事でほうれい線ができるということだとか

スポンサードリンク

ほうれい線を消すことができる方法とは?

追記(10/1):大久保さんが挑戦していたほうれい線を消す改善方法は【リガメントほぐし】でした。

手術をしない簡単な方法でとても参考になります♡

ちょっと参考になる動画をみつけまました↓

リガメントほぐし?自宅で簡単にできる方法とは?



大久保佳代子さんが、どんなリフトアップ、リガメントを行うかはまだ未定ですが、

リガメントほぐしでした!

リガメントほぐしのやり方はいうと↓

・親指と人差し指の腹の部分でほうれい線や頬ぼねあたりのリガメント部分を軽くリフトアップするように押してあげる

というやり方でした。

・目の中央の下や、頬骨の上側(目尻の近く)あたりを数秒ほど優しく押す

・ポイントは強く押しすぎないこと。基本は優しくですよ!

リガメントの意味やリガメントほぐしを正しく理解するとスムーズに楽しく継続できそうです。

ぜひ「リガメントほぐし」「方法」などとググってみてください♡

このリガメントほぐしのやり方を実行すると、リガメント(結合点)がほぐされて、ここの老化により

たるみやほうれい線をしわに繋がりますので。

サタデープラスで大久保さんがちょうせんした、リガメントほぐしでしわの改善につなげましょう♡



一般的に知られているほうれい線を消す他の方法もありました↓

「5秒のマッサージ」



(動画はユーチューブより出典)

これは結構簡単ですよ!

実際には10秒ほどしっかりと、耳の後ろのくぼみを親指で斜め後ろにぐーっと押し上げた方が良い感じがします。

5秒ではなくても10秒でもほうれい線が消せるなら最高です。

一日10秒時間はとれますよねー♡

「ためしてガッテン方法」



(動画はユーチューブより出典)

このタメしてガッテン方法では、ほうれい線を消す方法としてベロ回しをするやり方ですね。

・ベロを前歯のところにおき、左にまわして1週します。それを10回以上繰り返す

・右の反対まわりにもべろを回します。同じく10回以上

実践してみると、だいたい10回ずつすると30秒はお時間を頂戴すると感じました!

慣れてくると20回~30回と徐々にレベルアップすると良いですね♡

どうだったでしょうか?



ほうれい線のしわやたるみの悩みは女性にとっては難敵ですね。

しかし、リフトアップやリガメント方法などの手術をしなくても、ほうれい線を消す対策や方法ってあるんですね。

地道に継続してみてはいかかでしょうか?ぜひほうれい線やたるみを改善する方法としてやってみてください!

今回は、リガメントとは意味は?ほうれい線の原因と消す方法についてご紹介しました!

本日も最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます