太陽フレアの対策は?今日の影響は?過去の事例もまとめてみた。

太陽フレアの対策について知っておいた方がよさそうです。

太陽フレアの今日の影響(9/8~一週間)や過去の影響した事例も紹介していきます。

太陽フレアとは?

スポンサードリンク


太陽表面で発生している爆発の現象を指しています。

黒点と呼ばれる(表面温度が他の場所に比べて低い)付近で発生しているようです。

でも、太陽フレア、爆発だけではイメージが湧きません。

そこで威力やエネルギーを調べて見ると(*^_^*)



・わずか数分の間の爆発(フレア)のエネルギーは、日本で1年間の発電総量の100万倍だとか。

・フレアによって、エックス線やガンマ線を大量放出する太陽風と呼ばれるものが起きる。

・太陽風は水素爆弾が数百万個分以上~のエネルギーに匹敵する。



なんと聞くだけで怖くなりませんか?水素爆弾や発電量に換算すると本当に太陽の力って無限大に感じました。

スポンサードリンク

太陽フレアの過去の影響について。

太陽フレアによって、地球に対する影響はもし、太陽風が直撃すると磁場が乱れて、

・電力網や通信インフラが破壊。

・人々の精神まで影響。



これによって社会的に負の連鎖が起こるとまで指摘されているようです。

●大規模停電

●大規模通信障害(スマホやパソコンが一時ダウン等)

●GPSの誤差、無線通信が通じなくなる。



幸いにも人体には影響はないと報道されていますが、磁場⇒磁気なのでひょっとすると人間の身体には

鉄分があることを考えた場合に

鉄分による持病を抱えた人間に健康被害が出るのは100%ではないにしろ、

ゼロではない!!可能性があるのでは?



スマートフォンではインスタやツイッターなどのSNSも影響するだろうし、

もし偶然の偶然が重なって、明日(9/8)の15時~24時頃地球到達の間に病気で倒れた人、大規模火災が

発生して、通信が一時ダウンすることで連絡手段に不測の事態はないのかな?



連絡できれば助かった命が。。とかって。

考えれば考えるほど恐怖が湧き出てくるーーー^_^;^_^;



話題をちょっとかえて、

過去には

●1989年にカナダで大規模停電発生。

●2003年日本の人工衛星が故障している。

●2006年には低緯度地域なのにオーロラが大量に観測された。


太陽フレアの影響を受けない対策とは?

更新中!!


太陽フレアの今日の影響は?



更新中!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする