土屋太鳳が【まれ】で山﨑賢人とついに結婚?【輪島塗りは守る】発言に惚れた♥

NHK連続テレビ小説朝ドラ【まれ】の第14週・84話目『絶体絶命メッセージプレート』の録画を見たので、さっそく感想述べていくさけね!



まずは【まれ】84話目のあらすじをワタシ(管理人)なりに説明しますね!


やっぱり上手くならない部下・植田弥生(福田彩乃)についに大悟(小日向文世)が!!

スポンサードリンク

陶子(柊子)が【マ・シェリ・シュ・シュ】を辞めてからというもの、代わりに希(土屋太鳳)ちゃんはスーシェフとして材料の原価管理や、人の面接・採用まで



頑張ってるのだ!、ちゃんと似たような境遇(公務員を辞めてパティシエになりたい)に意気投合して採用した植田弥生(モノマネ・福田彩乃)は実は大の不器用



だった。それをすぐさま見抜いたオーナーシェフ大悟(小日向文世)は採用後すぐに希(土屋太鳳)に使いきれないならクビにしろと言います!



でも希(土屋太鳳)ちゃんはきっと練習すれば上手くなると弥生をクビにできません。。そして、入学式シーズンのケーキのメッセージプレートを描く工程が



できたらクビを撤回する約束をして貰った。84話目の放送でも弥生(モノマネ・福田彩乃)はメッセージプレートの練習に励むも進歩しません。



しかし、希(土屋太鳳)ちゃんは諦めません。圭太(山﨑賢人)のお見合いを止めに能登への最終深夜バスの時刻22時も過ぎてしまう。見かねた大悟(小日向文世)



はクビにはしないから、早く行けと希(土屋太鳳)ちゃんに言います。実は父・徹(大泉洋)がレンタカーを借りて待っているのを知っていたのだ。大悟も以前のような



冷たく、頭でっかちな部分もちゃんのお蔭で少しずつ和らいで行っているようだ。




圭太(山﨑賢人)の発言がかっこよすぎる♥仕事に熱い男もセクシーだ♥

スポンサードリンク

希(土屋太鳳)ちゃんは急いで父・徹(大泉洋)と一緒に能登へ帰ります!しかし弥太郎(中村敦夫)の元へすぐさま向かうも、お見合いはすでに終わっていて、



圭太(山﨑賢人)の姿はありません。弥太郎に女将にはなれないが、家族として支えたいと結婚を許してと頼みこむ。その時、戻ってきた圭太(山﨑賢人)



希(土屋太鳳)ちゃんと一緒に結婚を許してくれと懇願したんだね。どうやら見合い相手(比嘉愛未)に変態と思わせて、向こうから断ってくるようにしてきたと告白(笑)。



圭太(山﨑賢人)弥太郎に言った言葉にワタシ(管理人)は胸キュンした♥その発言がこちら↓



圭太(山﨑賢人):【希(土屋太鳳)と結婚さしてください。女将がおらんでも、輪島塗りは俺が守るさけ】



しかし、弥太郎は女将がいなきゃ塗師屋は務まらないと譲らないね。そこで文(田中裕子)元治(田中泯)がやってきて、元治弥太郎になぜ、いまだにやす子(弥太郎



の亡くなった妻)の代わりに女将になるような人と再婚しないと問いただす。女将の代わりはいても女房の代わりはおらんという事じゃないかと。



しぶしぶ弥太郎圭太(山﨑賢人)希(土屋太鳳)ちゃんの結婚を反対しながらも認めたのだ。




まれ・第84話『絶体絶命メッセージプレート』を見た感想まとめ・・・圭太(山﨑賢人)見たいな男って今時どのくらいいるのかな?。。。



塗師屋を継ぐと決めた圭太(山﨑賢人)は強いね。輪島塗りを守るとも宣言したくらいだからね。店だけじゃなく、輪島塗りの伝統(誇り)も



自分が守っていくという事だろうね。今時、仕事にそんな情熱を持っている男はいるのだろうか?と放送を見ながらふと考えてしまったね。



今の時代仕事よりも休日を優先にしているようなイメージがある人ばかりのような感じが多い気がするのはワタシ(管理人)だけだろうか。



また、ある意味、仕事自体が本気で好きで誇り(プライド)を持ち、人生と同じくらい重要だと思えていないという事ではないだろうか。



確かに、家族を養う為だからと好きでもない仕事をして、愚痴を言うのも悪いことではないが。。



今一度、世の中の人々も仕事について真剣に考えてみるべきではないかなあ、なんて久々に真面目な感想になってしまった(笑)。



圭太の胸がはだける部分がかなりセクシーでした♥皆さんは美味しく頂きましたか?(笑)。

スポンサードリンク









この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする