土屋太鳳と山﨑賢人【まれ】の遠距離結婚のルールがまんで参考になるっちゃよ!

NHK朝の連続テレビ小説【まれ】の第86話『下剋上駄菓子ケーキ』の録画を見たのでさっそく感想を勝手に言ってみるよ~!



前回の第85話では希(土屋太鳳)が考案したレ・キャトル・シャン・クー(大人はわかってくれない)のケーキの売り上げが初めて1位を記録して



しかも、榊原良治(船越英一郎)という離婚されそうな男まで登場して、また面白い展開となっていたね。



さあ86話目のあらすじからさくっとご紹介!

スポンサードリンク

【まれ】86話『下剋上駄菓子ケーキ』あらすじまとめ①・・・希(土屋太鳳)と圭太(山﨑賢人)の遠距離結婚のルールって?

86話目では冒頭から、希(土屋太鳳)ちゃんと圭太(山﨑賢人)の新婚ほやほやの幸せの感じが表現されていたね。遠距離ながらきちんと



毎日電話で話しているようだ。圭太(山﨑賢人)も携帯を持ち始めたり(笑)。2人は遠距離結婚のルールを考えたりする。



ルールその①:1日1回電話でしゃべる(圭太の案)



ルールその②:月に二回は会う(圭太の案)



ルールその③:月末には生活費をきちんと振り込む(圭太の案)



ルールその④:喧嘩したまま電話を切らない(の案)



ルールその⑤:お互いの出来事はちゃんと報告しあう(の案)



ルールその⑥:人の話はちゃんと聞く(圭太の案)



以上がお二人の遠距離結婚のルールとなっていた。新婚当時ってなんかなにもかもが新鮮で気合いが入っている分ルールを作りたがるよね(笑)。





【まれ】86話『下剋上駄菓子ケーキ』あらすじまとめ②・・・偶然じゃないレ・キャトル・シャン・クーの実力と大悟(小日向文世)衰え問題!

スポンサードリンク

希(土屋太鳳)の考えたレ・キャトル・シャン・クーのケーキは大悟のケーキに比べて確か、値段も安い割にはお洒落ですね。近所の女性、特に主婦達にとっては



人気が出たのだろうか。3週連続売り上げ1位となっちゃうのだ。本家の大悟(小日向文世)が生み出したジュテーム・モア・ノンプリュを突き放すのだ。



南(中村ゆりか)浅井(ドランク・鈴木拓)ら店のスタッフは逆に大悟が衰えているのではないかと考えてしまうのだ。そんな時、榊原良治(船越英一郎)



(離婚されそうな男として前回登場)が愛する妻・美里(藤田朋子)の為に大悟(小日向文世)ではなくて希(土屋太鳳)ちゃんのケーキが妻の口に合うから



とケーキの依頼までされる事に。そして、一方大悟(小日向文世)はぎっくり腰に(笑)。さあ、またその横では一子(清水富美加)マ・シェリ・シュ・シュ



を訪ねてくるし、なんだかドタバタがまた始まった!!ケーキの依頼・大悟衰え問題・一子との関係いろいろ楽しみな内容となってきたね。



【まれ】86話『下剋上駄菓子ケーキ』感想まとめ・・・地道にコツコツ・希(土屋太鳳)と圭太圭太(山﨑賢人)遠距離結婚のルールが実は凄く参考になる!



遠距離結婚だけではなくて遠距離恋愛がうまくいく為には今回の希(土屋太鳳)と圭太圭太(山﨑賢人)の遠距離結婚のルールがまんで参考になると



思ったね。そのルールはなんといっても基本中の基本の夫婦二人の触れ合い(関係)を大切にしているものだからね。電話で喋ったり、毎月ちゃんと会ったり



(デートしたりもいいね。)、喧嘩したままだと滅多に会えない分すれ違うから、その日でちゃんと仲直りも理に叶っているよ。あと人の話を聞くって事は



お互いを思いやる気持ちだからね。



皆さんも今、遠距離恋愛・遠距離結婚で悩んでいるのなら、まず基本に立ち返ってみるのはどうだろうね?



ワタシ(管理人)的には、一度のビッグサプライズより普段の温かい想いでの方が財布にも遠距離にも優しいと思うぞ(笑)。

スポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする