土屋太鳳も号泣!『誰か一人に届けば始まりになる』(まれ・126回復活マルジョレーヌ)

希(土屋太鳳)ちゃんのお店がまだまだ軌道にのらないので心配で胃が痛いワタシがいる 😮



今日もね、まれ・第126回『復活マルジョレーヌ』の内容からサクッと紹介するさけね♥


126回 『復活!マルジョレーヌ』あらすじまとめ・・・商品を変えて店の復活なるか!?一人に届け!!



気軽に買ってもらえるように値段を下げる!商品も変える!



でも、一つだけ自分の思いっきり好きなように妥協しないで作る!



と希(土屋太鳳)が、決意しできたケーキは能登かぼちゃのプリン250円・いちごのショートケーキ300円



シュークリーム180円!



思いっきり好きなように作ると言っていたケーキはマジョレーヌ450円!!



このマルジョレーヌ相当作るのは高度な技術が必要みたいで、作れるのは一流シェフの証らしいね。



このケーキでお店に軌道に乗せたいが・・・。



やはり高級には変わりがなく頑張って勧めてようやく少し売れるぐらいなのね。



マルジョレーヌを目当てに買いに来てくれる人はまだいない。



オープン時にも来てくれた親子に試食を出して味を試してもらう!



「おいしい!」と女の子。でも値段を聞いてお母さんは「やっぱし、高いわぁ。ごめんえ」



と。

スポンサードリンク


そして、高志(渡辺大知)は藍子(常盤貴子)さんに会いに来ました。



何を言うかと思えば・・・。



顔を手でくしゅっとさせ変顔!!



思わず藍子さんも笑ってしまいます。笑いあう2人。



高志は藍子さんに「幸せでいてください」と藍子さんは「高志君も」と返します。



高志は「それだけです」とまた、ちょっと泣きそうな笑顔でまた変顔をして帰ります。



「あの人を笑顔にしたい」



高志はちゃんと好きな人を笑顔にすることが出来ました。



後ろから流れる高志の泣きながら叫んでるような歌声に胸を掴まれるようでした。



その後に希のお店を訪れ様子を聞く高志。



希は、ケーキを安くしたけれど、高くても食べたいケーキを作れてない言い訳だと吐露します。そして、高志の歌はたくさんの人に愛されてすごいねと。





でも、高志は「おれは最初、一人からはじめてんよ。歌、たった一人に届けばいいと思って」



「希のケーキも一人をちゃ待てばいいげん」



「誰か一人に届けばはじまりになるさけ」



その言葉に元気づけられた希。



その数日後、前に試食してくれた親子が来てくれます。



そして、



「あんたのケーキの味忘れられんで。何回かこの前通ってね。もう我慢できんがなってしもうて!マルジョレーヌ4つもらえるけ」と



泣いてしまう希。

 
スポンサードリンク

まれ・第126回感想まとめ・・・『誰か一人に届けば始まりになる』に感動号泣!



やっとマルジョレーヌの味が届きました。



でも、まだお店はギリギリ・・・これからです。





でも、一人ファンがつきました。希のケーキはおいしいのです。どんどん口コミでひろがってくれるといいな!!



高志(渡辺大知)はいつも無口だったよね。いつも同じく同級生のみのりちゃん(門脇麦)にさ、通訳してもらって(笑)。



しかし、今や、希ちゃんに直接声に出して、アドバイスもしている。不思議だ!



そして『誰か一人に届けば始まりになる』に感動して号泣したワタシがいるのさ。日本中の人に忘れないで欲しいな、その言葉♥

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする