貝原茂平さんは『メトロノームの、の音を聞くのが好きです』若い子5人に囲まれてつい暴露♥


テレビ朝日で現在夜11:15~から毎週金曜日に放送中の【民王】の第3話をようやく見たのだ!!

政治にはあまり興味がないケド、入れ替わった内閣総理大臣の父・武藤泰山(遠藤憲一)とバカ息子の翔(管田将暉)がいて、

【天然総理】が日本を救うってとこが最高に面白いネ♥



今回は第3話の内容とワタシのツボにはまっている、モテモテの貝原茂平(高橋一生)さんをサクッとご紹介!

スポンサードリンク

民王第3話のあらすじまとめ・・・・泰山と息子・翔が入れ替わったのは親知らずが原因と判明!!

入れ替わってしまった内閣総理大臣の武藤泰山(遠藤憲一)と息子の翔(管田将暉)は2人とも親知らずを同じ時期に、

しかも同じ歯医者で抜いた事が判明したのネ。そして二人の口の中を調べると小さなチップが埋め込まれていることがわかってしまい、

爆発するかもしれないという可能性までもでてきたのだ!



犯人探しに躍起になり、ライバルの憲泯党の蔵本議員(草刈正雄)ではないかと考えたのだ。そして、タイミングよくテレビ討論が

組まれていた事もあり、ますます泰山は犯人は蔵本ではないかと思いこんだのだ。運よく、東京都の最低賃金を翔が知っていた事もあり、

討論をうまくやり過ごせた。



そして、翔に入れ替わった泰山は大学の同級生・村野エリカ(知英)の誕生日パーティーに参加して、いい感じ♥になり、

エリカの一人暮らしの部屋についていってしまう。そこでセクシーな謎の女子大生エリカの秘密が明らかになるのだ!

スポンサードリンク

民王第3話の感想まとめ・・・貝原茂平(かいばらもへい)さんの『メトロノームの、の音を聞くのが好きです』が最高に爆笑!!

謎の女子大生エリカのクラブでの誕生パーティーに翔に入れ替わった泰山と一緒に参加した貝原(高橋一生)さんは、

なんだか若い子に囲まれて浮き足立ってました(笑)。

外の椅子に腰かけて周りを囲む5名ほどの若い女の子に若干緊張ぎみ!まだ女性経験がないと泰山は呟いていた通り

なんだか話し方もぎこちないし。



その時に貝原(高橋一生)さんが喋った一言が超面白かったよ!

『メトロノームの、の音を聞くのが好きです』と暴露ってたさ 😛 



恐らく趣味とか好きな事はと質問されて、超真面目な性格の為、正直に暴露したのだろうな。

ワタシはそんな貝原茂平(高橋一生)さんがこの民王で一番好きだ♥32歳で独身で真面目な秘書ってとこも魅力的だしさ。

貝原さんはクラブに戻っても女の子に囲まれて、スーツやらネクタイやら触られてちょっとニヤニヤ!やっぱり、主役の泰山と翔より

オモシロイぞ!



皆さんは『メトロノーム』って知ってます?好きです?(笑)。ぜひこの機会に調べてみてね!意外にも癒されるかもな~♥

スポンサードリンク








この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする