『まれ』で土屋太鳳がお菓子で人々の健康を祈りたいという意味に込められた想いとは!?



NHK朝ドラ【まれ】も132回の放送となって、その録画分を見たゾ!



希(土屋太鳳)ちゃんは生後3か月で店を再開しようとしましたが前回の放送では、子供が急に熱を出してしまい、

自分を責めてしまったね



あれから、希(土屋太鳳)ちゃんt圭太(山﨑賢人)はどうしているのでしょうか?

スポンサードリンク

132回 出産クッサンベイビーのあらすじまとめ・・・人々の健康をお菓子に込めた希のケーキとは?



圭太と塗師屋のみんな藍子に手伝ってもらってお店を再開した希。

やっぱり、子供たちの様子が気になり何回も様子を聞いています。



圭太の母に至らない子でと希のことを誤っています。直美もあんな頑固な子見たことねえわと。

直美は圭太の小さいころの話を始めます。圭太の熱を見逃して40度の熱を出して痙攣

したことがあってそのことがあるから、希にも子供たちの側にいて欲しかったみたい。だから反対を続けると宣言!

藍子は直美さんなりの応援なんですね!優しく返しますが。



圭太と子供たちは違うし、直美さんも孫が可愛いなら面倒見るのを楽しんだらいいのに(笑)直美さんも忙しいから難しいのかな?

直美さんも頑固です!

スポンサードリンク


圭太は子育てを手伝ってる分寝る前に自分の仕事をしているみたいです!そして、包みを開けて欲しいという希。中には

Coussin  de Lyon クッサン・ド・リヨン

という南フランスのお菓子が出てきます。お店が軌道に乗ってほかにもフランス菓子だされるようになったら最初に出したいんですって!

お菓子の意味にリヨンのクッションという意味がって人々のの健康を祈るという気持ちが込められているんだそうです!

それで週の題が出産クッサンベイビーだったんですね!

その前にお店は相変わらず暇なようで。文さんにお店開けても閉めても借金返せないんじゃないけ?とからかわれます。



その時カップルが入ってきます!金沢からきたみたい。そのあと続々と富山や名古屋から。お客さんが来ます。

なしてと聞くと波多野都さんのブログを見たと。調べて見ると前に観光できていた。妊婦さんだった彼女です。雑誌社の人だったんですね。彼女も仕事を再開みたい。

彼女のお蔭でお客さんが増えてきた!涙を浮かべて嬉しそうな希。頑張ってきたかいがあったね!



そして急に2015年4月。

歩実と匠は小学生になってました。お店も続けてこれたみたいです。


132回 出産クッサンベイビーのあらすじまとめ・・・クッサンド・リヨンに込めた希の想いとは!?



希はやっぱり、店を頑張って再開したものの、子供や家族、そして、桶作家の人々の健康もきっと気になってしょうがないんでしょうね。

また、居なくなった

父・徹(大泉洋)の健康までも心配していると思います。それで今回、クッサンド・リヨン=人々の健康を祈る、という意味を込めたんだろうね



仕事も家族も大事にしたいのだろう。なんだか、希ちゃん母親として成長していってると思う。ワタシも頑張らねば 😮 

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする