民王で『本物のコント』を見ている!?貝原役の高橋一生さんを絶賛!ハマってしまった理由とは?

毎週金曜日は『民王』してますか!?それとも『茂平って(もへって)』ますか!?(笑)。

きっとこのドラマにハマっている人にならこの隠語も通用するよね? 😆 



ワタシが最近ずーっと民王でツボってるのは貝原茂平(かいばらもへい)さんだ。そしてワタシなりになぜ、貝原さんというか、

高橋一生という人物にこうも惹かれてしまった

のか、世間もきっと(?)同じように人気が出たのかを自分なりに分析してみたのでご紹介!

スポンサードリンク

久々に『本物のコントを見た』気がする。でもなぜ?

まず貝原茂平という人物像から探ってみよう!貝原さんは総理大臣・武藤泰山(遠藤憲一)とそのバカ息子・武藤翔(管田将暉)が

入れ替わっってしまった

後も2人をぶつぶつ小言で文句を言いながらも支えて、泰山のスキャンダルを収束させたり、息子・翔君の大学の講義まで一緒に受けている。

なんだか、使用人みたいに思ったりもするが、貝原(高橋一生)さんは【公設第一秘書・政策担当】という物凄い知能指数が高い人にしかできないのだ。



つまり、総理大臣の政策に対する資料作成から、マスコミ対応、プライベート対策など頭の回転が良くないと出来ないって事だなー 🙄

それだけで

仕事が出来る人間って感じだね♥。貝原さんって要するに【第一秘書、32歳、頭脳明晰、現実主義】。



貝原さんの秘書についてはこちらの記事から↓

民王で大人気・貝原秘書の議員秘書のお仕事ってどんな事するの?一体いくら貰えているの?



そんな貝原茂平さんを演じているのは高橋一生さんという俳優さんは表情の演技が非常に上手いのだ!貝原さんは普段は

無表情が多いが、時々、怒りモードや、笑顔モード、可愛いキャラモードなど爆発的に惹きつける表情やしぐさがあるのだ。



例えば、泰山の戦友の内閣官房長官・狩屋(金田明夫)さんが自らの過去の

浮気問題スキャンダルがマスコミにすっぱ抜かれた時は『変態じゃないか!!』と怒り全開でブルブル顔を震えていたり、急に天井

を見上げて、『さあ、検索を始めよう!』って呟いてタブレットで検索はじめたり(笑)。また寝るときの格好はパジャマと

ナイトキャップっとか可愛い一面を見せたり♥。

貝原さんのいろいろな記事一覧やいや

『さあ、検索を始めよう』ツイッターで話題!民王の貝原ってどんな人!?

貝原茂平さんは『メトロノームの、の音を聞くのが好きです』若い子5人に囲まれてつい暴露♥

民王貝原さんのナイトキャップ姿にツイート続出!?『ハイ、貝原です!』に萌えたワタシがいるのだ♥!

スポンサードリンク


また、貝原(高橋一生)さんは表情だけではなくて、一言一言が面白いのだ。普段はドラマの画面では、

武藤泰山(遠藤憲一)、武藤翔(管田将暉)に比べたらあまり喋らないが、急に繰り出す一言に爆発的な面白さがあるのだ!

泰山の息子・武藤翔(管田将暉)を『漢字も読めないバカ息子』って言っちゃたり、『他党の不幸は蜜の味』って言って

笑顔になったり。とにかく、笑えてしまうのだ。また最近では貝原茂平というTwitterまで出てきて、つぶやきが人気となった。



貝原さんの毒舌面白発言集はこちらの記事から↓

民王『私の忠誠心は山よりも高い』貝原役の高橋一生さん毒舌イケメンの発言まとめてみた!

民王の貝原茂平秘書がTwitterでかわいい!?検索を始めよう!!



そうやっていつもこのドラマ『民王』で、貝原さんを見ていると、周りの共演者たちと、なんだかコントをしているようにワタシは

思えてきたのだ。しかも

面白さが、持続しちゃうのだ!翌日仕事中や、通勤中の車内で思いだして吹きだしたり、夜眠る前にドラマのシーンが浮かんだりしちゃう。

これってもはや民王にハマりすぎて病気?民王症候群かな?とか。

もちろん、そのような病気は検索しても出てくるはずもなく。。。。



そんな時にふと、これが『本物のコント』なのかもしれないな~って思った。

一時的な面白さではなくて、その後もその場面が浮かんでくるような感じなのね♥。貝原さんを演じている高橋一生さんはイケメンな

容姿だが、目の前にいて緊張ガクブルするほどのイケメンではないのも、ある意味、役柄に溶け込みやすいのかなー。

今回は高橋さんは結構アドリブで演技もされている

そうです。アドリブで、こんなにも、人気になり、皆を惹きつけるなんて、俳優というより職人か!!!



また巷では、妖精イケメンとか、毒舌S秘書とかいろいろ注目されているので、こりゃあひょっとしたら、民王のMVPは主役のお2人(遠藤憲一・管田将暉)を

食うほどだよねー。きっと高橋一生2015年大ブレイクの予感がします♥。

 
スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする