連続テレビ小説・まれ『両方手に入れようとして両方失うこともあるさけ』に感じたこと。

            双子、匠、歩実、圭太

NHK連続テレビ小説『まれ』の録画で142話をやっと見れました!ので感想を述べたい!!

この時、希(土屋太鳳)ちゃんは、コンクールのケーキの試作が思うように進まず、イライラしている。

タイトル『女たちのジレンマムース』の通り、仕事と育児に悩んで大変そう。

スポンサードリンク

ワタシに響いた言葉。両方手に入れようとして、両方失うこともあるさけね。

希はケーキのアイディアが思うように頭に浮かばず、8年間のブランクを感じてしまう。これでは試作すらできないので、

相当焦っているようです。

そんな時、双子の子供、匠と歩実はもの凄く寂しそう。希が帰宅すると、歩実は希に遊んで、絵を描いたと言って希から離れようとしません。

つい、希もイラッして、歩実に当たってしまい、『あっちいって、もううるさい!』と。



希は、歩実には悪いとは感じながらも、店を続けて、ケーキに専念します。そんな折、東京から来た謎の多い、サロンはるで

働いているマキ(中川翔子)が店を訪れる。そこで自分の過去、東京で歌手になりたかった。でも何年もぱっとせず役者を目指す、

彼から『役者やめて仕事するから結婚しよう』とプロポーズ

された。でも、結局、結婚に踏み出せず、東京からも逃げてしまった。『両方(歌手という夢と結婚)手に入れようとして、

両方失うこともあるさけ』と。



もの凄く、ワタシに響いた。人生には両方手に入れたいと、両方失うことができない、頑張る時があるよ。じゃあ、

そういった時、どうすればいいのか?希ちゃんの親友・みのり(門脇麦)ちゃんは農協の仕事と家庭両立できとるじゃないか!

希の弟一徹は、デイトレーダーと子育て、塩つくりをしているではないか!と勝手にキレた(笑)。

欲張って無難に片一方しか望んだら駄目?



世の中には結婚して、家庭を持ったママさんもいて、共働きをしないとどうしても

生活できない人もいるよ!

仕事と家庭(子供)じゃあ、両方は無理なのーーー?と勝手にイライラしてた。

でも圭太の『経験からくるものを出していけたらいい』と希にケーキのアドバイスした言葉を聞いて、希と同じく肩のチカラが抜けた。



人生では両方望んで当たり前だと思う。ただ、両方一気に叶えようと焦らず、一つを一歩進ませることが出来たら、

また別の一つを進ませるみたいな、

ペースで良いと思う。そうしたら、きっと両方手に入れるのは遅くなるかもしれないが、いつか、両方の夢に近づいていくかもなー。

あ、希ちゃんが最初に能登にきたとき言っていた『地道にコツコツ』という言葉が浮かんできた今日でした!

ワタシは夢と地道に歩んでいこう!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする