連続テレビ小説【まれ】最終回!ワタシに響いた名言集をまとめてみた!

連続テレビ小説まれ156話『希(まれ)空ウエディングケーキ』をたった今見ましたー!!やっぱり、土屋太鳳ちゃんのドレス姿は

最高に綺麗でしたね。

徹(大泉洋)も孫の匠と歩実に会えてうれしそう。徹が泣いているのを見て、ワタシまでもらい泣きした。無事に桶作家での温かい結婚式を

終えられて良かったですね。結婚式って盛大にホテルだけでやるのではなくて、本当にお世話になっている人達を招くという事だから、

桶作家のような家でアットホームな雰囲気も良いと思った。



今回は希(土屋太鳳)ちゃんも最終回で皆の前に言った言葉も含めて、ワタシが朝ドラまれを見ていて感動したり、響いた言葉の数々を

勝手にサクサクって紹介します!

まれ・失敗おっぱい・経験

まれ最終回ラストにワタシに響いた名言集をまとめてみた!

スポンサードリンク


連続テレビ小説まれがついに今日で最終回を無事終えたなー。ラストにウエディング姿で希ちゃんが、まんで良い言葉を喋っていて、

また泣きそうになった 😀 

ワタシが感動した、『まれ言葉』を紹介するよー。

自分の生きる場所自分で守る 桶作文(田中裕子)

怖えさか、忘れられんさか、夢ねんと思う 紺谷圭太(山﨑賢人)

漆は嘘をつく。見えんからこそダマしたら駄目や 紺谷弥太郎(中村敦夫)

誰か一人に届けばきっと始まりになる。 仁木高志(渡辺大知)

失敗おっぱい世界一 紺谷匠(小山春朋)・歩実(横山芽生)

賑やかで楽しい家庭をつくりたいじゃけ。お母さんみたいになるがや、ウチの夢さけ。 津村みのり(門脇麦)

言い訳せな駄目なときもあるがいね、人生には! 桶作文(田中裕子) 

愛情ちゅううもんわ、目に見えないから厄介がいね。 桶作文(田中裕子)

両方(歌手という夢と結婚)手に入れようとして、両方失うこともあるさけね 小原マキ(中川翔子)

大事なのは子供に自分が親の犠牲になっとるって思わせんことじゃねえがけ。 桶作文(田中裕子)

あんたが許そうか許さまいが、漆には関係ないがいね。あんたから漆取ったら何が残るがいね 紺谷希(土屋太鳳)

まっすぐに愛された子供は、まっすぐに育つさけ 角慎一郎(ガッツ石松)

幸せちゅうがは、してやるものじゃなくて、一緒になるものがいね 津村一徹(葉山奨之)

もっと右脳で考えて!     池畑南(中村ゆりか)

いい器ちゅうのは最後は作り手の中身ねんな、自分自身をさらけ出して器に込める』『それや人の心を動かすげんな』紺谷圭太(山﨑賢人) 



皆さんはどうですかー?まれでの感動した言葉は一体どんなものですかー?なんだか、ドラマの名言ってそれを思い出すだけで、

そのシーンがパッと頭に浮かぶくらい凄く印象に残りますね。もう朝ドラまれは最終回してしまったけど、この大切な『まれ言葉』

を胸にまた明日からの生活をガンバロー!!

スポンサードリンク


















この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする